栗栖増人来兵衛日乗

いろいろやりすぎて収拾のつかない栗栖増人来兵衛の好き勝手な日記
<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
正心調息法講習会/丸12年
e0181546_10283958.jpg2000年7月から正心調息法講習会を主宰し始めて、今月末で丸12年になる。塩谷博士が100歳を迎えられた2002年3月からは全国での出張講習会始め、これももう10年を超えた。これだけ続けていると、不思議な出会い、再会なども出てくる。

電話で申し込みを受付けているうちに、お互いに??という雰囲気になり、知り合いだとわかって驚いたこともある。

仙台で開催した時、講習の終盤で前列にいたご夫婦が講習資料を見ながらなんか切羽詰まったような顔で話している。なんだろうと思ったら、終了後、奥様が話しかけてきて「主人が高校の同級生だと言ってるんですが」と言う。申込は奥様名だったので、ご主人の名前を聞いてビックリ。まさに同級生だった。

昨日の青山講習会。Oさんという女性からの申し込みがあった。大学でテニスをやっていて、杉山愛さんが正心調息法を実践しているというのを聞い受講してみようと思ったとのこと。三々五々受講者が来場し始めて、そのうちに二人連れの方が到着。あれっ、今日は2名以上での申込はなかったはずだけど、と思ったら、入口の障子の隙間から見知った顔が。

この辺で不要にうろたえて、先方がOさんと名乗ったのか、私がすぐに名前を思い出したのかも定かでない。申込は女性名だったことを再確認しながら、「なんでっ!?」と眼をパチクリ。30年ほど前のサラリーマン生活の中で仕事に行き詰っていて、あれこれ模索中に通っていた、今は無き「Media Workshop」の仲間だった。

娘さんは団体戦ながら日本一にもなったことがあるものの、メンタルの面で弱いものがある。そんな中、お父さんがネットで杉山愛さんが正心調息法を実践しているという話を読んで、私のサイトに辿り着いたとのこと。そこにある似顔絵とか住所を確認して、私であることを知ったらしい。

いやいや再会というのは思わぬところからやってくるもんです。ここ数年前までは年賀状のやりとりはしていたんですけれどね。おじさん二人が懐かしがって話しているのを、娘さんが大笑いしながら見てました。

この日の夜は地元に戻って、小学校卒業50年の同期会にも参加。ほとんどが中学までは一緒、さらに参加者の1/4くらいは高校まで一緒。とはいえ、中学からは学校が違ってしまったメンバーもいて、これまたなかなか懐かしい一夜でした。いずれにしろ年取りました、皆さん(笑)。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2012-06-10 11:07 | 正心調息法


by kurijin-nichijo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
HYPONICA
正心調息法
世迷言
歩行術・古武道
自己紹介
地球交響曲
TIMEDOMAIN
東京都北区
がっこう・プレーパーク
音楽
旅日記
映画・芝居
時事
歴史
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
希望の国~救いようのない未来
from 黄昏の冬じたく
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧