栗栖増人来兵衛日乗

いろいろやりすぎて収拾のつかない栗栖増人来兵衛の好き勝手な日記
<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
これもシンクロ?
e0181546_15111192.jpg昨日は地球交響曲シリーズの自主上映会等でよく連動して動いているA女史の家で飲み会。もともと量は飲めない方で、お酒についても詳しくはない。でも、「渓流朝しぼりという長野のお酒をこのところ飲んでいて、美味しいと思うので持参した。始めの頃は「限定出荷」となっているので季節物かと思っていたけれど、いつ行っても売っている。新聞紙でくるんでその上にラベルが貼ってある。中に光を通さないために、昔は結構こういうのがあったとかも聞いた。

2週間ほど前にA女史から話があった。私もかろうじて面識のあるBさんから依頼を受けたので、あるイベントの実行委員に私も加わってくれないかとのこと。この秋にダライ・ラマ法王の来日があり、その関連イベントの仕切りをまかされたとのこと。関連イベントに法王も出席されるのかもまだわからないけれど、ちょっと待て、と釘を刺した。

法王が出席されるのかどうかで、そう簡単にはOKとは言えない。なぜなら、何度か法王の講演会を聞きに行っているが、場合によっては暗殺なんてことも起きかねない講演会の入場時のセキュリティの厳しさと言ったら大変なもの。そのための費用も少なくはないだろうし、地球交響曲シリーズの自主上映と同じ感覚でスタッフを集めれば済む話ではなくなる可能性もある。場合によっては我々レベルでは手に負えないイベントかもしれない。

ということで、引き受ける前に、内容や担当しなければいけない範囲をまずは確認してから、ということにした。

で、昨日の飲み会に話が戻る。A女史宅で持参したお酒を開けようと、瓶のカバーの新聞紙をふと見たら、思わず「おい、おいっ!!」、A女史に「これ見てよ!」と声かけた。

e0181546_1542327.jpgなんと「ダライラマ暗殺計画?」の文字が。いつの新聞かと思って広げてみたら、信濃毎日新聞の今年1月8日の記事。情報入手したインド政府が情報をつかみ警備強化に入ったとのこと。

しかし、です。前日までどのお酒を持参するか決めておらず、急に思いついて、そのお酒の一番前に並んでいたものを買ってきただけで、しかも法王絡みのイベントの話をしてきたA女史の家でその記事を見ることになるとは、どういうことなんでしょうね。

まぁ、まだお手伝いさせていただけるのかどうかもわからないし、法王の出席の有無もわからないので取り越し苦労かもしれませんが、安易に考えてはいけませんよ、ということなのでしょうね。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2012-04-30 16:01 | 世迷言
ナイノア・トンプソン
e0181546_15272571.jpg
昨晩、龍村仁監督の連続講座の第2クール第3回目があった。テーマは第三番出演者のナイノア・トンプソン。同映画のメインは写真家・星野道夫の魂の軌跡だけれども、彼にも強く惹かれるものがある。全講座を聞くにはちょいと費用的にきついので、第2クールはナイノアだけと決めていた。

ナイノアは羅針盤とかの近代航法、機材を一切使わず、太陽や月、星を見、風や波を読んで、ハワイからタヒチへの航海を成功させた人。3年ほど前だったかには日本にも来てくれた。

第三番の中で当初から心に残っているのは「魂は失われたのではなく、眠っていたのです」という言葉。
ハワイ先住民の間で、伝統の歌にある大航海のことを信じ、古代のカヌーを復元してそれを証明しようという運動をきっかけに引き起こされた、民族の魂の復興への大きなうねりについて発せられたものだ。

もう15年以上前の映画だが、この言葉にとても励まされた。いろいろな問題も抱えつつも、これからの時代をリードしていけるのは、日本人が無本質的にもっている精神性なのではないかと、ずっと思っている。現代においてはもう失われてしまった、ないしは「絶滅危惧」心性かもと懸念はするものの、ナイノアの言葉できっとまだ復活できると励まされた気がしました。

私が細々と講習を継続している正心調息法という呼吸法に通ずる話もあります。正心調息法は腹式呼吸に想念・内観と言って、言葉の力や想像力の力を取り込むことによって、自分の健康だけでなく、様々な願望実現を図ってしまおうという手法。そのなかでうまくできると効果が高そうなのはやはり想像力。イメージの世界です。

近代教育を学んでしまったナイノアは、南太平洋のサタワル島の熟練航海者、マウ・ピアイルグに学びます。公式トレーニングの最後に、ハワイのラナイ・ルックアウトに立って、氏は彼にタヒチの方角を示せと指示します。それはもう彼にとってなんに難しいことではありません。

次に師は「お前の眼にタヒチは見えるか」と問いかけます。しばらく間をおいて、彼は「心の中で島が見えます」と答える。師の問いかけは「お前は、島が見える、ということを本気で信じることができるのか?」ということ。つまりはタヒチに着くことを微塵も疑わない心構えが、その航海には必要だということでしょう。

正心調息法では、自分の願い事に対し、言葉の世界では「叶った」と過去形、ないしは過去完了形で唱えます。想像力の世界では「叶った」後のことを思い描きます。ナイノアの師の問いかけは、全くこのことです。いろいろな方たちが、いろいろな表現で同じことを語っています。

昨晩は第三番のナイノア編のみの上映もありましたが、改めて心にしみる夜でした。

最後にナイノアの言葉をもう一つ紹介して終わります。

今、地球全体が、大きな文化的変革の時代にあると思います。


全く関係ありませんが、小沢元民主党代表の無罪判決が今朝出ました。さて、なにがどう動き始めるのでしょう。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2012-04-26 16:17 | 地球交響曲
タンポポ在来種発見?
e0181546_10535925.jpg
e0181546_10542788.jpg

先日、FACEBOOKに「路地裏初蒲公英」と題して写真を載せてみた。そしたら今は山梨でペンションを営む先輩から、在来種か西洋種かというコメントがあった。

その区別があることは知っていたが、もうほとんどが「洋物」だと聞いていたので、それまではとくに調べてみる気もなかった。先輩にそう聞かれたので路地裏蒲公英を観てみたら、やはり洋物。

その後、少し気にかけて観てみたけど、自宅近辺に咲いているのは全部洋物。これは発見は難しいかなと思っていたが、昨日、押上のわんぱく公園に咲いていたのがこの写真。総苞片が反り返っていないのが在来種とのことなので、これはそうなのかも。

在来種は洋物に駆逐されつつあると聞いていたけれど、ウィキペディアで読んだらそうでもないらしい。洋物が目立つけれども、在来種もしっかりと残っているとのこと。交雑種もあるらしいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%9D

どっかで在来種の種を集めて、路地裏にばらまいてみようかと、ふと思う。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2012-04-25 11:25 | 時事
正心調息法講習会/福岡・熊本
e0181546_1445135.jpg
4月14、15日は正心調息法の出張講習会で福岡と熊本へ。3名と2名という少しさびしい参加状況でしたけれど、その分、中身の濃い内容で説明できたのでは、と(笑)

福岡からは新幹線で移動。九州新幹線は2度目ですが、わずか40分弱で熊本へ。熊本は4年振りくらいでしょうか。市電で市民会館へ。市民会館も今はやりのネーミングライツで「崇城大学市民ホール」になってます。

e0181546_14534655.jpg熊本城の近くだし、まだ時間もあったので、ちょっと天守の辺りまで行ってみようかと坂を上って行ったら関所がありました。天守に登るのは有料だと思ってましたが、その前から有料500円。さてさて、と悩んでいたら、2000年に幣立神宮の五色神大祭の関係で来た時も、「関所」の前から引き返したような気がしてきました。

もう終わりかと思った桜も、種類が違うのかまだ咲いてました。もう「咲き誇る」状態ではありませんでしたが、所によってはこんな感じで楽しめました。

e0181546_1512179.jpg入口にある城彩苑の入り口では3.11大津波で被害を受けた陸前高田の「動く七夕」用の山車を贈るということで、組み立て、飾り付けがされていました。いろいろなところで、いろいろな支援がまだ続いています。

熊本講習会を受講いただいたお二人のうち1名は鹿児島からの参加。年配の男性でしたが、やはり杉山愛さんの本を読み、塩谷博士の名を知り、ネットで調べたら直近に講習会があったので参加されたとのこと。繋がる時は繋がるものですね。東京での受講者もそういうパターンが多いですけど。それにしてもここのところ杉山愛さん様々です。

5月の出張講習会は去年から開拓(笑)した無理やりコース。東京から札幌へ飛び、講習会終了後、その日のうちに名古屋に移動。1泊して翌日講習会をやって東京に戻るという強行軍。これもなんとか2か所で受講者数を稼ぎたいという思いと、飛行機代がだいぶ安くなったことで可能なコースです。今後はLCCの発展に期待です。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2012-04-17 15:17 | 正心調息法
花筏
e0181546_15574025.jpg

音無川親水公園の桜を観に行ってきました。今日くらいまではまだ満開かな、と思っていたのですが、もう葉が少し出ていて、盛りは過ぎてしまったようです。

親水公園を少し上流に歩いていくと、毎年みられるのが花筏。なかなか綺麗なのですが、いかんせん両岸からの水抜きの跡が見えたりして美しくない。で上の方をトリミングしてみました。

もう一枚。これはトリミングなしです。
e0181546_1614538.jpg

[PR]
by kurijin-nichijo | 2012-04-10 16:15 | 時事
桜サクラさくら
e0181546_10135595.jpg
e0181546_10142519.jpg
e0181546_10145859.jpg
e0181546_10152015.jpg

昨日の隅田川沿いの桜です。
まだ満開とはいかないようですが、春を感じさせてくれます。

が、今朝の気温も低いですねぇ。花冷え冷え冷え、ってな感じです。
一度寒さへのガードを緩めちゃったのかもしれませんが、昨日は真冬とおんなじ厚着、寝る時も真冬の体制で寝ました。

そういえば昨晩は満月。曇り空だったので観えないかと思ったら、寝る前にちょっこっと雲の切れ間から顔を出してくれました。

その前晩のお月さんもほぼ真ん丸で、月光が窓から差し込んでいました。昨晩も期待してましたが、顔は出しても光は届かなかったですね。夏頃になると、窓から差し込む光の中で「月光浴睡眠」ができます。今のところは窓を開けとくと凍えてしまいますけど。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2012-04-08 10:26 | 時事
映画「バトルシップ」ワールドプレミア
e0181546_10423491.jpg昨晩、標記のイベントがあって出かけてきた。昨日はご存じの通り、空は荒れ模様。多くの会社等が仕事を早めに切り上げて帰宅を進める中、逆行を強行。ピークが18~21時とのことだったので、うまくいけば大したこともなく往復できるのでは、と極めて安易な気持ちで。

結果、最寄駅までは傘なしで。原宿駅から会場まではさすがにそうはいかず、強い風雨。でもまあ足下がびしょ濡れになったくらいで着けました。終了がほぼ22時になってしまいったけれど、そのお蔭かもしれませんが、帰りは雨も風もなし。電車もまあまあで、午前様にはならずに帰着できました。ただ道々にはビニール傘の残骸が極めて多数。やっぱり大変な天候だったのは間違いないようです。

で、映画の話。
まずは「ワールドプレミア」というのがよく理解できてなかったんですが、まぁ大変。18:20開演とのことだったけど、19時過ぎになった。そこからまた数々の儀式。特別ゲストの紹介があったけど、「ユニバーサル映画100周年」という割には、ほんの一部以外は知らない方ばかり。なんだかんだで映画が始まったのは19:50過ぎ。途中で飽きちゃいました。

映画の内容はエイリアンとの戦闘。この手の映画は地球人は負ける心配はないので、ある意味安心。でも、だからこそ戦闘シーンをどう描くかに力がかかってしまう、ワンパターンに嵌ってるきがしますね。なにせ地球人にはまだ開発できていない高度な兵器で攻撃してくるエイリアンを、地球人の現有兵器で撃退してしまうんですから。

ただ、「インディペンデンスディ」みたいに強く出てこなかったのは、「リーダーシップはあくまでアメリカ」って描き方。そこは多少進歩したのかも。

帰りがけ、駅に向かっていたら、後ろを歩いていた若い女性二人が「面白かったよね。絶対ヒットするよね」って興奮気味にしゃべってるのが聞こえた。私は同行者とあとで担担麺を食べながら「そうかなぁ」と苦笑いしてました。

この映画は4月13日(金)公開。ぜひ見てね!!(笑)
[PR]
by kurijin-nichijo | 2012-04-04 11:40 | 映画・芝居
杉山愛さんの著書に塩谷博士、ちらっと
e0181546_22252821.jpgここのところ元女子プロテニスプレーヤーの杉山愛さんの関係で、正心調息法講習会に参加してくれる方が散見される。

FMの番組で話していたとか、彼女の本で読んだとか。調べてみたら、1月末に「勝負をこえた生き方」という本を出したようだ。本屋に行って、どんなことが書かれているのか立ち読みしてきた。塩谷博士の名前が出てくるだけで、正心調息法という名称は出てきてませんでした。

杉山さんは呼吸が浅く、肺活量も少なかった。試合などでは、呼吸がうまくできないと思考が鈍るし、冷静な判断もできなくなる。それで呼吸法を取り入れようと考えた。

その時偶然本屋で手にしたのが、
塩谷信男さんが提唱した呼吸法の本です。
毎日、朝起きたらいい練習や試合をしている自分の姿を
イメージしながら、30分行います。
夜も30分行い、これをルーチンワークにしていました。


正心調息法は1日に25回実修すればいい訳で、時間には関係ないし、日に何度も実修する必要もないのですが、この辺りはそれぞれの人のアレンジですね。

e0181546_2314314.jpg講習会でもよく話をしてますが、博士の著書に紹介されている体験談。あれは博士に直接指導を受けたとか、講習会に参加してやり方を学んだから起きたのかというと、決してそうではありません。ほとんどの方は、博士の本を読んで、自分で理解できた範囲で実践したからというのが実際です。

うまくできているかどうか悩む方がよくいますけれど、やり方の完璧さを求めるよりも、素直に信じ切って実践する方が効果が出やすいと考えてください。実践が優先です。

以前にも紹介したことがありますが、杉山愛さんの体験談はこちらをご覧ください。
http://www.ninomiyasports.com/sc/modules/bulletin/article.php?storyid=3453

いよいよ東京の桜もほころび始めました。地元の親水公園の咲き始めの桜の写真も載せておきます。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2012-04-02 23:04 | 正心調息法


by kurijin-nichijo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
HYPONICA
正心調息法
世迷言
歩行術・古武道
自己紹介
地球交響曲
TIMEDOMAIN
東京都北区
がっこう・プレーパーク
音楽
旅日記
映画・芝居
時事
歴史
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
希望の国~救いようのない未来
from 黄昏の冬じたく
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧