栗栖増人来兵衛日乗

いろいろやりすぎて収拾のつかない栗栖増人来兵衛の好き勝手な日記
<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
講演申請と都庁展望室
今日は新宿の都教育庁訪問。9月の「第七番」上映会の後援申請の関係で。いろいろ話を聞くと、「東京都教育委員会」という名義では、とくに映画は対象外にしているらしい。また講演会等でも資料代程度は認めてはいるものの、料金を取る場合にはまず認めていないとのこと。ちょっと今回は難しいかもしれませんね。

e0181546_211485.jpg都庁展望室から東京スカイツリーはどの辺に見えるのかと、久し振りに上ってみた。そしたら東京タワーも見える。以前からスカイツリーと東京タワーを同じフレームに収める撮影ポイントはないものかと探していた。

ちょっと無理かなと思いつつファイダーを覗いてみたら、ギリギリいっぱいで入りました。見えないなどと言われても困るので、それぞれの位置に文字を入れときました(笑)。これじゃぁ、わからないやね・・・

嘘だと思われてもなんなので、いちおうの証拠を。
ねっ、建物等を照らし合わせるとわかるでしょ。
東京スカイツリーはわかりにくいかな?
e0181546_2182067.jpge0181546_2184343.jpg
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-05-28 21:11 | 地球交響曲
墨田ぶらり下町音楽祭
e0181546_11214377.jpg昨日は「墨田ぶらり下町音楽祭」。地元に住むクラシックの楽器演奏者たちが去年から立ち上げたもので、今年2回目は区の方から補助金も出たらしい。今年は十間橋通り沿いの6箇所の会場で開催された。ただし、各会場とも30分の演奏で時間を合わせた4回公演なので、頑張っても4会場しか見られない。

どの会場から見てもいいのだけれど、実はよくプログラムを知らないので、とりあえずは行きつけの天真庵へ。通常営業と違ってイス・テーブルを取っ払って完全立ち席に。小学生のボランティアも店内に二人。

天真庵では昨年に続きオペラスペース。ピアノの伴奏で二人のオペラ歌手が歌った。このスペースは、Marionetteのライブなんかでも音の響きが良く、店の端でも問題なく楽しめたけれど、やっぱり人間の声では限界があるみたい。高音で声を張り上げたときには充分届いていたけれど、そうでないときには若干弱かった。ただ私が一番遠くにいた所為なので、他の方たちはもっと近くに詰めて聴いていたので、きっと問題はなかったと思いますけど。

e0181546_11372120.jpg次は一軒隣かな? 黒崎竹信堂での古楽器の演奏。チェンバロ、チェロ、オーボエのトリオの演奏。素敵な演奏だったのですが、心地よい音楽と、天真庵で飲んだビールの影響で安らかに船漕いで増した。失礼しました。

続いては地理的な流れでスパイス・カフェへ。Patio Ikauiiさんという方のライブ。シンセがセッティングされていたので???。クラシック主体の音楽祭だとばかり思っていたので、ちょっと戸惑う。その気持ちのまま聴いていたので、なんとも入りきれずに終わりました。

e0181546_11465047.jpg最後の一つはどこにしようか迷ったのですが、打楽器の会場に行ってみました。タンバリン、トライアングル、ジャンベ、ティンパニー、木琴等が用意されていて、それぞれを安江佐和子さんという方が演奏してくれました。一つの楽器でもいろんな音が出せるのが面白いですね。最後はジャンベの基本リズムに合わせて皆で合奏。私はトライアングルを担当(笑)。貸してもらうときに「金と銀のトライアングルのどちらがいいですか」となんかの童話のように聞かれたので、迷わず金のトライアングルを選択しました。トライアングルの音色ステキでしたけど、リズムをとるのはけっこう難しかったです。

以上、墨田ぶらり下町音楽祭の非公認報告でした。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-05-24 11:53 | 音楽
GAIA SYMPHONY第七番上映に向けて
昨日は9月23日(木祝)に予定している「地球交響曲第七番」上映会の会場である東京ウイメンズプラザに会場費の支払に行ってきた。これでもうお金は返してくれないので、もうやるっきゃない状況に(笑)。

e0181546_17502358.jpg「第七番」にはグレッグ・レモン氏が出演している。ツール・ド・フランスでヨーロッパ人以外で初めてチャンピオンになった人。が不慮の事故で散弾銃を浴び、再起不能と言われながらも、身体の中に弾を残したまま復帰、8秒という僅差でフランスの英雄フィニヨンを破り、再度チャンピオンになった。

というのは、映画の案内からの知識。自転車競技に詳しくない我々には、そんな知識から判断して凄い人らしいと思いはするものの、実感に乏しい。とにかくも自転車に興味のある方に映画を観てもらいたいので、なにかアプローチできる方法はないのか考えていた。

e0181546_17574616.jpgそしたら昨日の朝刊の広告に「FUNRIDE」という雑誌が載っていた。出版社が会場に近いらしいので、状況次第では寄ってみようかと思ってネットで検索したら「funride STATION」というのも近くにあるらしい。「ジテツウ」なんて言葉も有ったので、どうやら「自転車通勤」絡みかなと推測。支払に一緒に行った仲間と訪ねてみることにした。

アァンステの担当者は雨でお客も少なかったこともあって、丁寧に応対してくれた。ついでにグレッグ・レモン氏やツール・ド・フランスや最近のチャンピオン等についていろいろと教えてくれた。映画そのものは知らなかったようだけれど、近くの自転車店の代表が紹介してレモンが映画に出たということは知ってらした。その方の店も近くにあるという。

その店に行ってみたら、休業日にも拘らず店員さんがいて、そもそも龍村監督が乗っている自転車はここで調達したものだそうだ。ちょっと気楽な目論見でこのあたりに足を向けてみたが、結果的に大正解。ここ何年かの現象らしいけれど、周辺に自転車関係の店等が密集しだしているようだ。なんか、集客はもう大丈夫なような気がしてきました(笑)
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-05-21 18:13 | 地球交響曲
ミニトマト/種蒔き未満
e0181546_1742935.jpg天候不順で延び延びになっていたはらぺこ農園でのミニトマト栽培開始。先月半ばに始める予定だったのだけれど、なんとその予定日が4月というのに雪模様。しかもその先の予報が気温、日照共にあまり望めそうもなかったので延期にした。その後の日程調整がなかなか着かず、ようやくこの前の日曜日にセッティングしてきた。

水も入れ、種も入れて、さて給液ポンプの電源を繋いだのだけど、音がしない。どうやら動かないらしい。なにせ機械には弱いもので、どうにも原因がわからない。順番から言うと、水を入れて、液肥を入れて、ポンプを試し運転してから種を入れるのだけれど、動かないことを想定もせずに進めてしまった。やむを得ないので至急新しいポンプを調達することにしました。

e0181546_17515394.jpge0181546_17521399.jpgはらぺこ農園、既に豌豆やキャベツの収穫も始まってました。キャベツには青虫も。なんかナメクジもたくさんいましたね。元気なミミズものたくってました。

e0181546_17555212.jpgトマトも植わっていて、もう花も咲いてます。園主に聞いてもトマトかミニトマトかわからない(笑)。その他、金柑とかサクランボもあって実を着けてました。サクランボ、一つ貰いましたけれど、小っちゃくて甘みも薄かったけれど、瑞々しかったです。農園メンバーが子連れで集まっていて、小さい子も一生懸命水遣りをやってました。

帰り掛けにちょっと面白い体験。駅に向かって歩いていたら、後ろから園主が呼ぶ声が。その声の方を振り向いたら誰もいない。「あれっ!!」って思ったら、もう眼の前に園主が。まるでワープでもしたかのような出現にビックリしましたが、自転車に乗っていて、しかも下り坂だった所為でした。人間って、声の方向や大きさでしっかり距離感とかも判断してるんだなと、妙に感心しました。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-05-18 18:06 | HYPONICA
名古屋/白壁・主税・撞木町の町並み
名古屋市の観光マップを見ていたら、市役所駅から徒歩10分くらいと思われる所に「白壁・主税・撞木町の町並み」というのに旧豊田佐吉邸とか旧川上貞奴邸とかが有ったので行ってみた。

e0181546_11243278.jpgこれは桜井家住宅だったと思う。こんな古めの家屋が残っていたり、白壁の通りがあったりしてました。ただ白壁は残っている、ないしはそのイメージを残してはいるものの、その奥にはマンションが建っているのもあって、景観だけを残したような感じもありました。

e0181546_11281297.jpg
これは旧豊田佐吉邸の二階。障子や唐紙、敷居や桟で区切られた外の風景って言うのは、ホッとするというか、あぁここに座っていたい、と思わせるものがありますね。また古民家なんかも含めて、日本の風土や習慣には廊下って重要な意味を持っているという気がします。現代の都市住居には、設計スペース面で最初に削られてしまう所かもしれませんけど。

いろいろと紹介したい写真は有れど、全部は無理なのでとくに印象に残ったところの写真を載せておきますね。
e0181546_11391541.jpg e0181546_11394241.jpg












形がなんとも気に入ってしまったのがこの階段。文化のみち双葉館(旧川上貞奴邸)のこの階段の意匠、曲がり具合がとっても素敵でした。この階段の曲がり具合の素晴らしさをどう撮れるか、いろいろやってみたんですが、私ではこれが限界かな?

日本最初の女優である川上貞奴さん。出身地を聞いて、心の中で笑っちゃいました。東京都出身、しかも芳町だとか。また「芳町」かよ、ってことなんですけど、実はかっぽれを習っていて、
その中に「深川」という曲がある。それは坊さん二人が一緒に色町に出かける内容なんだけれど、「芳町通い」というフレーズがある。初めは単純に遊郭の「吉原」のことをそう呼んでいると思っていた。ところがその後、「芳町」というのは日本橋近辺に有った陰間茶屋街らしいことがわかった。つまりは男色系色町ですな。なにせ、かっぽれは男性二人で習っているんで、妙に間違えられないか心配になりました(笑)が、ここでその町の名前がまた出てくるとは、偶然とはいえ驚きでした。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-05-14 11:57 | 旅日記
熱田神宮周辺
e0181546_175212.jpg名古屋に行った時は可能な限り熱田神宮にお参りする。今回ももともと行くつもりだったのだけれど、折角名古屋に泊まるので、早朝参拝でもしようかと考えていた。一昨年に伊勢神宮に行った時の早朝の雰囲気がとても爽やかな印象に残っているので。

日の出の頃にと考えて時間を新聞で調べてみたら、6時過ぎくらいかと思っていたのになんと5時前。さすがにそこまで早起きする根性はなく、ならば早朝に拘ることもないかとも悩む。でも何故か日の出の時間には遅れても行ってみようという気が。そういう時はなんか意味があるんだろうと、6時に目覚ましをセット、出かけてみました。

6時半過ぎには到着。氏子の人たちがたくさんいて落葉を掃いている。一生懸命やってるのはいいのだけれど、参拝客を無視して掃いている。それはそれで困ったものです(苦笑)。

地下鉄で観光マップを拡げて見ていたら、熱田神宮の西に「源頼朝生誕の地」の文字が。何の関係かと思ったら、義朝の正室、母親の由良御前の実家がこの辺りに有りここで産んだ、と言われているとのこと。写真に有るように門だけあるけれど、葵の紋が付いていた。源家と徳川家はなんか関係があったのでしょうか。

e0181546_17303961.jpgさらにその近くに「白鳥御陵」という名前があった。日本神話の薄い知識から呼ぶ声が。もしかして、と行ってみたら、やはり日本武尊の御陵。亡くなった後、白鳥になって飛び、降り立ったところという伝説があるとのこと。古事記を昔読んでこの話はおぼろげに覚えていたけど、降り立ったのがここだとは知らなかった。帰ってからネットで調べてみたら、日本武尊の御陵と言われるところはあちこちにあるようですね。

でも「歴史遺産を大切にしよう」という看板が掲げてある割には、あまり整備されているようではない風情がなんとなくほほえましく感じました、はい(笑)
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-05-11 17:39 | 旅日記
東京から福岡、名古屋
e0181546_1712220.jpg8日(土)、9日(日)と正心調息法の講習会で福岡と名古屋に行ってきた。福岡は5名、名古屋は11名の参加をいただきました。

土曜は12時少し前に福岡に着いて講習会をやって、その後17時の飛行機で名古屋に移動というスケジュール。福岡滞在時間5時間余りでした。

福岡空港から中部国際空港へ。セントレア空港に近づいた頃、機内からの夕日が綺麗だったもので思わず撮影してみました。なかなか肉眼で見るような色合いは出ませんが、けっこう綺麗に写りましたね。

セントレア空港利用は初めてでしたが、GW最後の週末というのにそれほど人も多くなく、閑散としてましたね。開港当初は見物客が押し寄せたというようなニュースも見ましたが、最近はどうなのでしょうか。

e0181546_17233698.jpg名古屋に向かうために名鉄の駅に行ったら、これまた綺麗な夕焼けが見えました。これは窓の四角い桟の間を抜き取って写したものですが、雲の縞が波打ち際のように見えます。

機上でも、降りてからも、夕日が歓迎してくれているような気分になりました。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-05-10 17:27 | 正心調息法
路地裏花
e0181546_1185783.jpg苧環(おだまき)

3年程前に我が家のある路地の隣家の前に咲いているのを見つけて惚れ込みました。その時「苧環」という花であると教えてもらいました。

紫と白の彩り、花の形等々、路地裏に咲くにはもったいないくらいの美しさ。一目惚れでした(笑)。種を採って我が家の前にも撒いておいたのですが、なかなか芽も出ず、ちしか昨年は撒かなかったと思うのです。

先日、ふと気付くと我が家の前にほぼ放置してある植木鉢からしっかり立ち上がって花をつけてました。もしかしたら一昨年の種が芽を出したんでしょうか。路地と言っても、登記上は「道」ではなく我が家の敷地。そういう意味ではようやく我が家に来てくれたということになりますね。

それにしても全く直射日光など当たるはずもないこの場所で、しっかりとした花を咲かせる。生命ってたいしたもんだと思いますね。ミニトマトの栽培で直射日光が当たらなくて苦労したことがありましたが、自力で生きる植物はそんなことはものともしないようです。まあ、実を着ける種類との違いはあるのかも知れませんけれど。

苧環をホームハイポニカで栽培したらどうなるのかとも思っているのですが、まだチャレンジしていません。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-05-07 11:35 | HYPONICA
試聴会/神宮前
e0181546_1164946.jpg昨日は神宮前のスペースを借りて試聴会。こんな感じでタイムドメイン・スピーカーを並べて聞き比べてもらっている。写真にはTIMEDOMAIN lightが写っていないけど、最近の通例ではYoshii9含む4機種が揃う。

最近お客さんからよく聞かれるのは、わざわざ和室を選んで試聴会を開いているのですか、ということ。「はいっ」って答えたいところなんですが、さにあらず。あくまで結果論です。借りられる場所がそれほど多くなく、この会場の中で他の部屋へ音が漏れないということを考えると、一応は単独の部屋になっているこの部屋になり、そこがたまたま和室だったということです。

昨日は最初に男性が一人来られたあとは誰も来ず、今日はこれで終わりかなと思った頃、4名のグループが来てくれました。そのうちの一人、ピアノをやっているという若い女性が、Yoshii9でベートーベンの「田園」を聴いて、ステージ上で聴こえる音にとても近いと言ってました。「第九」の合唱に参加したことがあって、その時聴いた音に近いものを感じるそうです。オーケストラピットにいると他の楽器の音はほとんど聴こえないというような話も聞いた事がありますが、合唱の位置だとまた違うのでしょうかね。

その女性、当社のオリジナルチラシに載せているエピソードに反応してくれました。

あるオーディオマニアのご主人がいて従来システムのスピーカーを揃えた。その時できた厳格なルールは、奥さんがそこにいるときは音楽を聴いてはいけないというもの。その後、Yoshii9を購入して設置したら、ご主人がいないときには奥さんが聴くようになった、という逸話。

この話、TIMEDOMAINスピーカーの特性と従来のスピーカーシステムに対する女性の観点をよく表しているのではという気がして、大好きです。彼女がそれに反応してくれたのが、とても嬉しかったです。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-05-06 11:35 | TIMEDOMAIN
連続プレーパーク
e0181546_957336.jpg北区の稲荷公園ではゴールデンウイーク中の5/1(土)~5(水)まで連続でプレーパークを開催している。久し振りに3日の午前と4日にボランティアで参加してきた。この連休は天気にも恵まれて、さすがにゴールデンウイーク、普通の週末に設定される時よりも参加人数は少ないようだけれど、賑わっていた。

昨日は牛乳パックを使った鯉幟作りなんかに人気があった。私も作ったのだけれど、写真を撮り忘れてしまいました(苦笑)。

そういえば一昨日は、木切れを使って拍子木のように敲いていたら、何人かの子どもが集まってきて一緒に「合奏」ができた。これまで何度かチャレンジしたんだけれど、面白がって敲いたりはするものの、「合奏」にはならなかったので、これは初体験で嬉しかったですね。

昨日はYさんがネックが反ってしまっていて、もう使わないというギターを持ってきて会に寄付してくれた。それを適当に弾いていたら、1歳ちょっとの男の子が拍手をしてくれました。人生で初めて「演奏」に拍手をもらって感激でした(笑)。

その子はホンとに音楽が好きらしく、リズムに合わせて身体を動かしたり、ギターを一生懸命掻き鳴らしたりしてました。その他の子どもたちも含めて、みんな音楽、ないしは音が出るものって好きなようですね。稲荷公園でのプレーパークは今日までやってます。

そういえば「プレーリーダーのりたけの”あそぶろぐ”」に面白い話が載ってました。落とし穴に関する4月14日付の日記です。ご興味のある方は覗いてみてください。
http://pureseta.blog.so-net.ne.jp/
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-05-05 10:15 | がっこう・プレーパーク


by kurijin-nichijo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
HYPONICA
正心調息法
世迷言
歩行術・古武道
自己紹介
地球交響曲
TIMEDOMAIN
東京都北区
がっこう・プレーパーク
音楽
旅日記
映画・芝居
時事
歴史
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
希望の国~救いようのない未来
from 黄昏の冬じたく
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧