栗栖増人来兵衛日乗

いろいろやりすぎて収拾のつかない栗栖増人来兵衛の好き勝手な日記
カテゴリ:HYPONICA( 11 )
GPEC(施設園芸・植物工場展)
e0181546_1153556.jpg
東京ビッグサイトでGPEC(施設園芸・植物工場展)が開催され、HYPONICA(水気耕栽培)の展示もやっているというので観に行ってきた。

私の所で扱っているのはHYPONICA農法の家庭用の栽培器「ホームハイポニカ」。今回の展示は植物工場関係の展示なので直接は関係ないのだけれど、担当者への顔見世も含めて。

様々な会社が葉菜を中心とした人工照明でのシステムを展示していたけれど、個人的にはどうにも人工照明を使う栽培には納得できない部分がある。やっぱりお日様のパワーには敵わないし、無理があるように思う。以前、地下に作られた植物工場を観てなんか本来的でない気がした。

展示場では日光が当たらないのでちょっと弱りかけているとのことだったけれど、上の写真のようにHYPONICAブースのミニトマトは元気そのものだった。アイコという種類。これを見るとホッとします。

e0181546_11235958.jpg自分でも物干で3年振りにミニトマトの栽培を開始。7月中旬に芽が出たので成長を楽しみにしていたらなんか具合がおかしい。思い返してみると、まずは双葉が出て、そこから本葉が開き、というステップのはず。が、双葉が開いたという実感がないまま本葉が出て、本葉も「開いた」という形にならない。丈だけは伸びてはいたけれど。

培地から根っこも出てこない。これまでだと「水を得た根っこ」と私がいったように、元気に伸びていくのに。

写真は今朝のもの。ちゃんと葉も開いて、脇芽も出てきています。ようやく本来の軌道に乗ってきたようです。栽培の開始がだいぶ遅れたのが難点ではありますが、また「感動」を届けてくれそうです。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2012-07-29 11:34 | HYPONICA
久し振りの栽培開始
e0181546_9392159.jpge0181546_9395559.jpg
去年一昨年と怠けていたホームハイポニカによる栽培。3年ぶりに始めてみました。

来年発売になるのではというホームハイポニカ402型の試作品を導入。試作品は特別価格で限定販売してたけれど、今はもう掲載されていないから、販売終了したのかな?

当初は朝顔とかキュウリで緑のカーテンを、と考えていたのだけれど、愚図愚図しているうちに時間が経ってしまった。一番必要な時期にカーテンにまで育っていなさそうなので、いつものミニトマトに変更。7月2日(月)に設置して、2年前に購入していた種を二粒入れてみた。

古い種だと発芽しない場合もあるとは聞いていたけれど、以前に大丈夫だったこともあるので試したけれど、1週間経っても発芽しない。あきらめて、器材に同封されていた新しい種1粒を9日(月)に再投入。今度は13日(金)に発芽した。

左の写真は13日のもの。まだ種の殻をかぶっている。右の写真は翌14日(土)のもの。殻は振り払ったようだけど、まだ双葉が開いていない。今朝見てみたら、丈は伸びているが、まだ双葉は開かず。今後も適宜状況報告をしていきます。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2012-07-15 10:06 | HYPONICA
えこりん村
20日(日)は札幌日帰り。正心調息法の5回目の札幌講習会。全く予約がなかったけれど、開催まで1週間を切ってから、なんとか5名の申し込みがあった。まあ、片道の交通費はなんとか確保できました。

e0181546_15321197.jpg今回は以前から一度行ってみたかった恵庭にある「えこりん村」を訪れた。そこにあるハイポニカ農法による「とまとの森」をぜひ見てみたかった。

いろいろ時間を調べてみたら、どうも講習会が終わってからだと時間的にギリギリ。新千歳空港から札幌への途中で寄るしかなさそうだけれど、飛行機が遅れたりすると、恵庭駅からの送迎バスの時間の関係で、減額時間も少なくなるし、かつ駅まではタクシーを使うしかなさそう。行ける機会はそう多くないのでここは腹を決める。

当日は追い風に乗ったとかで飛行機は予定より早く到着。そのお陰で恵庭駅からの送迎は往復とも送迎バスを利用できることができた。とまとの森もゆっくりと観ることができた。やっぱり「トマトの巨木」は何度見ても圧倒されますね。他の来場者もビニールハウスに入った途端、感嘆の声を挙げていました。

今のトマトの樹は去年の11月25日に種を植えたものだそうで、えこりん村では5回目の栽培。昨年は17,000個超の実が成ったとのことで、今年は20,000個を目標としているとのことでした。北海道にお住まいの方がいらしたら、ぜひ一度行ってみたくださいね。10月頃が一番トマトが沢山成っている時期だそうです。

札幌講習会を終えたあとは、知人と待ち合わせて食事。そのまま順調に帰京できるものと思っていたら、羽田の天候の関係で飛行機の時間が遅延。到着はほぼ1時間遅れとなり、帰宅は完全に午前様になってしまいました。最近の午前様はちょっときついすです(笑)
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-06-24 15:55 | HYPONICA
ミニトマト/種蒔き未満
e0181546_1742935.jpg天候不順で延び延びになっていたはらぺこ農園でのミニトマト栽培開始。先月半ばに始める予定だったのだけれど、なんとその予定日が4月というのに雪模様。しかもその先の予報が気温、日照共にあまり望めそうもなかったので延期にした。その後の日程調整がなかなか着かず、ようやくこの前の日曜日にセッティングしてきた。

水も入れ、種も入れて、さて給液ポンプの電源を繋いだのだけど、音がしない。どうやら動かないらしい。なにせ機械には弱いもので、どうにも原因がわからない。順番から言うと、水を入れて、液肥を入れて、ポンプを試し運転してから種を入れるのだけれど、動かないことを想定もせずに進めてしまった。やむを得ないので至急新しいポンプを調達することにしました。

e0181546_17515394.jpge0181546_17521399.jpgはらぺこ農園、既に豌豆やキャベツの収穫も始まってました。キャベツには青虫も。なんかナメクジもたくさんいましたね。元気なミミズものたくってました。

e0181546_17555212.jpgトマトも植わっていて、もう花も咲いてます。園主に聞いてもトマトかミニトマトかわからない(笑)。その他、金柑とかサクランボもあって実を着けてました。サクランボ、一つ貰いましたけれど、小っちゃくて甘みも薄かったけれど、瑞々しかったです。農園メンバーが子連れで集まっていて、小さい子も一生懸命水遣りをやってました。

帰り掛けにちょっと面白い体験。駅に向かって歩いていたら、後ろから園主が呼ぶ声が。その声の方を振り向いたら誰もいない。「あれっ!!」って思ったら、もう眼の前に園主が。まるでワープでもしたかのような出現にビックリしましたが、自転車に乗っていて、しかも下り坂だった所為でした。人間って、声の方向や大きさでしっかり距離感とかも判断してるんだなと、妙に感心しました。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-05-18 18:06 | HYPONICA
路地裏花
e0181546_1185783.jpg苧環(おだまき)

3年程前に我が家のある路地の隣家の前に咲いているのを見つけて惚れ込みました。その時「苧環」という花であると教えてもらいました。

紫と白の彩り、花の形等々、路地裏に咲くにはもったいないくらいの美しさ。一目惚れでした(笑)。種を採って我が家の前にも撒いておいたのですが、なかなか芽も出ず、ちしか昨年は撒かなかったと思うのです。

先日、ふと気付くと我が家の前にほぼ放置してある植木鉢からしっかり立ち上がって花をつけてました。もしかしたら一昨年の種が芽を出したんでしょうか。路地と言っても、登記上は「道」ではなく我が家の敷地。そういう意味ではようやく我が家に来てくれたということになりますね。

それにしても全く直射日光など当たるはずもないこの場所で、しっかりとした花を咲かせる。生命ってたいしたもんだと思いますね。ミニトマトの栽培で直射日光が当たらなくて苦労したことがありましたが、自力で生きる植物はそんなことはものともしないようです。まあ、実を着ける種類との違いはあるのかも知れませんけれど。

苧環をホームハイポニカで栽培したらどうなるのかとも思っているのですが、まだチャレンジしていません。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-05-07 11:35 | HYPONICA
4月のシャーベット
e0181546_19234514.jpg昨日の夕方は雨もよい。傘を差さなくても済むギリギリの雨脚。しかし「この季節に霙かよっ!!??」って突っ込みたくなるような天気で、最近有りがちな「寒い」というよりは「冷たい」という気温。帰宅したら、かみさんから雪の予報があるとか聞いて驚いたけど、そのあと天気予報等でも確認。呻っちゃいましたね。

実は翌朝(つまり今朝ですが)、ホームハイポニカでの栽培をお願いしている「はらぺこ農園」に、ミニトマトの種を植えに行く予定。ニュースではビニールハウス栽培の野菜類も、この気温と日照不足で生育が悪いと言ってました。結局、もう少し気温が安定するまで延期することにしました。

e0181546_1937430.jpge0181546_19372750.jpg昨晩布団に入る頃にはまだ霙で雪にはなっていまませんでしたが、今朝起きたら屋根や植木鉢には薄っすらと雪。路地奥のアスファルトの上はシャーベット状になってました。41年振りの遅雪タイ記録だそうです。

お昼前には晴れ上がり、暖かくなるかと思ったら、その後雲も増えて気温もあまり上がらなかったようです。こんな気候いつまで続くんでしょうね。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2010-04-17 19:43 | HYPONICA
大きく育ってます
ちょっと忙しいと、すぐブログから遠ざかってしまいますね。
また、気を取り直して。
e0181546_10544558.jpgミニトマト、順調に、というより前年より早めに育っているようです。このブログの10月24日の日記の写真と比べればよくわかります。天井に届いたのも昨年より2週間くらい早い。適切な呼び方が見つからずそのままになっている「根無し」も、もう本体と渾然一体となった生育状況。下の方はもう「鬱蒼」としてきています。

先月末のTVでの紹介の件は、事前告知は不可とのことでここではお知らせできませんでした。10月31日(土)のフジテレビ「めざまし土曜日」の「ここ調」のコーナーで紹介されました。取材のテーマが経産省の植物工場絡みということで、だとしたらなんでホームハイポニカだったんでしょ。結局、放送を見ても、ポイントが曖昧で内容の薄いものでしたね。

e0181546_11122443.jpgようやく赤い実もできてきています。もう先生たちに食べられちゃったものもありますけど。私も昨日、採りにくそうな所にあったのを一つつまみ食い。その味についてはとても表現しにくかったです。

ちょっと酢っば味はあるものの甘みは感じず、「美味いっ!!!」っとは叫ぶほどではない。ミニトマト本来の臭みがあるわけでもない。それじゃあ「不味い」のかというと、そうでもない。どちらかと言えば「美味しい」部類に入る。そのジューシーさなのか歯ごたえなのか、少なくとも食べないほうがよかったというよりは満足感がある。なんともお伝えするのに言葉が見つからない不思議な味でした。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2009-11-27 11:20 | HYPONICA
ミニトマト、TV出演?
e0181546_1924672.jpg昨日、ホームハイポニカのメーカーから電話が有った。都内でホームハイポニカで栽培しているところを探しているとのこと。メーカーは関西なので、こちらに打診が来たわけです。左の写真は10月22日のミニトマトの様子です。

現状と栽培ブログを紹介した。そしたら某TV局から連絡があり、取材したという。土曜朝の番組で「水耕栽培」を取り上げるらしい。私にとっては願ったり叶ったりではあるものの、小学校で栽培しているので許可が必要。早速、中に入ってもらっているK先生に電話、わかる範囲での話を伝えておいた。

当然のことながら校長先生の許可が必要とのことで、週明けに確認してもらう。とりあえずは下見というのかロケハンというのか、を来週火曜日に予定。さてさて、うまい具合にテレビで紹介できることになるかどうか、楽しみです。まあ「水耕栽培」という範疇なので、他の手法も紹介されるのだろうし、通常は1分も使ってくれればいいほうだろうけど。

確定しましたら、またお知らせしますね。
ちなみに栽培ブログはこちら。 http://blog.goo.ne.jp/arigatou-sun/
[PR]
by kurijin-nichijo | 2009-10-24 19:20 | HYPONICA
生物って凄い!! その2
10月11日の日記にも書いた、近くの小学校でのミニトマト栽培。しかも根元からちょん切ってしまった1本のその後の様子。

e0181546_9401597.jpge0181546_9404261.jpge0181546_941228.jpg





この3枚はちょん切った日、9月24日の状態。同じ培地に種を二つ植えたら、二つとも芽を出して有る程度育ってしまった。真ん中のような状態で、一つの培地で二株栽培するのは無理だろうとの判断で、写真で言うと発芽が若干遅れて小さかった右側を間引き。ちょん切った後の姿が右の写真で、その右上サイドに見える穴に差し込んでおいた。根が生えることはないだろうけれど、水は吸えるだろうからしばらくは萎れずにいるんじゃないか、というような軽い気持ちだった。

で、今がどうなってるかというと、こんななんです。
e0181546_1032269.jpge0181546_104735.jpge0181546_1062890.jpg





成長を続けています。花芽もつけます。ただ蕾もほころんで、黄色い部分をチラッと見せはするものの開花という状態には至らないので、実は着かないものと思ってました。

が・・・着いてたんです、右の写真のように。横からは見えにくいところに有って、上から見下ろした時に見つけて興奮しました。もともと「ねね」という単為結果、自家受粉タイプのの品種なので開花しきらなくともいいのかもしれませんね。

e0181546_9594090.jpg成長し。花を着け、実も成るとすると、思い至るのは根っこのこと。どうなってるかといえば、こんなです。生えないと思ってた根がちょん切った先からどんどん出てきています。しかもその根の白滝のような美しさ。もう驚き以外のなにものでもありません。

前の日記の繰り返しになりますが、本当に生物って凄い。可能性がある限り生きることを選んでいく。はたまた我々人間を振り返ると・・・
[PR]
by kurijin-nichijo | 2009-10-20 10:27 | HYPONICA
根無し草なれど「生きる」
e0181546_10173642.jpg e0181546_1018468.jpg



近くの小学校でミニトマトの三回目の栽培。9月24日の記事でも紹介したけれど、種が二つとも芽を出した。ある程度育ってしまったのだけれども、一つの栽培鉢で日本育てるのは難しいので、後から出た芽を切り取ってしまった。

それを申し訳程度の気持ちで水に差しておいたら、なんと枯れない。上の左の写真は10月9日のもので、右は9月29日のもの。初めは枯れないだけで成長はしてないと思ってたけれど、よくよく見ればどう考えても成長しているようです。

栽培槽の蓋を開けて覗いてみたら、茎の切断面付近から根っこが生えてきているようでした。残したもう一本はもう50cmくらいの背丈に成長していて、根も旺盛に伸びてきています。「根無し君」はさすがに背丈も根の伸びも比較になりませんけれど、担当してくれているK先生も私もその健気さには打たれるものがあります。

最初に着けた花芽もちょっと花の黄色を覗かせただけで、開くまでには至りませんでしたけれど、葉っぱの緑の色合いを見ていると、そのうち咲かせるんじゃないかと思えるほどです。

生き物って凄いな、って思います。可能性がある限りは「生きる」方向を選んでいくんですね。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2009-10-11 10:37 | HYPONICA


by kurijin-nichijo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
HYPONICA
正心調息法
世迷言
歩行術・古武道
自己紹介
地球交響曲
TIMEDOMAIN
東京都北区
がっこう・プレーパーク
音楽
旅日記
映画・芝居
時事
歴史
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
希望の国~救いようのない未来
from 黄昏の冬じたく
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧