栗栖増人来兵衛日乗

いろいろやりすぎて収拾のつかない栗栖増人来兵衛の好き勝手な日記
田中修著「植物のあっぱれな生き方」
e0181546_10332168.jpg1週間ほど前に読み終えた本。

「植物のあっぱれな生き方」
~生を全うする驚異のしくみ
(田中修著/幻冬舎刊)


ここのところ興味を持っているのは、動物とか植物の持っている知的水準に関すること。あえて「知的水準」と言ってみたけど、もちろん人間自身が認識する「知的」とは限らない。でも単なる本能とか遺伝子的能力だけでは説明できないようなことを彼らもしているのでは、という思いがある。

クジラやイルカは知的水準が高いなどと言われるが、それは人間の方で「知的」と認識できるデーターが取りやすいだけではないか。他の動物も本来は高い知的水準を持っているけど、それを人間の方が計測、または認識できないだけ、という思いがある。

余談になるが、「知的水準の高いクジラやイルカを殺すな」という言い方は、知的水準の低い動物は殺してもいいということに、結果的に繋がっていないだろうか。

そんな思いから、この本を読んでみた。
途中、私の大好きなハイポニカのトマトの巨木の話も出てくる。

一つ認識を新たにしたのが「受粉」に関すること。多くの花には雄蕊と雌蕊がある。知識としては風媒花、虫媒花、鳥媒花というのは知っているが、漠然とその花の中の雄蕊と雌蕊が接触して受粉に至るものだと思っていた。どうもそうではないらしい。雌蕊は長めに真っ直ぐ伸び、雄蕊は短めに斜めに放射状に伸びることで、できるだけ近親交配を避けているらしい。

開花時刻の決まっている植物群。どうやって時間を知るかと言うと、3つくらいのパターンがあるとのこと。

一つは温度が高くなることに反応するもの。チューリップやクロッカスなど。
二つ目は明るさに反応するもの。タンポポやムラサキカタバミなど。
三つ目は暗くなることを刺激として反応するもの。アサガオなど。

アサガオは朝に咲くけれど、温度や明るさに反応するのではなく、開花する前日に明るい環境から暗い環境に変わるという状況を感じ取って、その約10時間後に開花するのだそうだ。

植物は時間も計測できる。
アサガオが蕾を作るには連続して9時半間以上の暗黒にさらされる必要がある。約9時間以下では蕾はできず、しかも「累積」でも不可とのこと。
シソ(大葉)は15分の時間差を認知する。暗黒の長さが9時間45分あれば蕾を作るが、9時間半では作らない、等々。

それはそういうシステムが組み込まれているだけ、という意見もあるだろうけれど、誰がそんなシステムを作ったのかということも考え合せると、なかなか「あっぱれ」であると言わざるを得ない。人間が自身の知的認識力から当て嵌め様とすると違うということになるとは思うが、植物にも相当な「知的能力」があると考えた方がわかりやすいのでは。
[PR]
by kurijin-nichijo | 2013-08-22 12:01 | 時事
<< Zaurusが死んだ 「ネルソンさん、あなたは人を殺... >>


by kurijin-nichijo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
HYPONICA
正心調息法
世迷言
歩行術・古武道
自己紹介
地球交響曲
TIMEDOMAIN
東京都北区
がっこう・プレーパーク
音楽
旅日記
映画・芝居
時事
歴史
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
希望の国~救いようのない未来
from 黄昏の冬じたく
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧